日常に関する日記です。


by sonny_walker
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2004年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

初めてのBLOG


Sonny=Walkerです。
SOCOM1は1月からプレイしていました。
SOCOM2は発売日より遊んでいます。

1と2の異なる点。
・体力が一目でみれる。
・死にづらくなった。
・爆弾(M67榴散弾・HE弾)の所持数3つになった。
・武器の種類が増えた。
・武器バランスが変った。
・マップが増えた。
etc・・・
です。

爆弾の所持数が減ったことで、戦闘開始時の爆弾合戦が姿を消し、
より接近戦を楽しむことができるようになりました。
爆弾合戦より銃撃戦の方が好きなので良い方向だと思います。

一番嫌いなマップはABANDONED。
夜になってかなり見づらいです。
SHADOW FALLSなんかより見づらいと思います。
夜マップは苦手なのであまりやりたくないのが本音です。

でも、そんな弱音を吐いてちゃ上手くならないのよね。
私が初心者の時はそれはもう死にまくりです。
マップも把握してなったし。
初めは篭もってクレイモアだったんですが、「このままじゃ上手くならない!」
と思って特攻を繰り返しました。
もうね。開始直後の爆弾合戦で死んだり、スナイプされて死んだり、打ち合ってあっけなく死んだり。
でも、だんだん上手くなるものです。
いつのまにか死亡数<倒した数になってましたよ。
MVPも何度か(と言っても片手で数えるほど)取りました。

今でも特攻しますよぉ。テロなら9mmサブマシンガンで突っ込むさ。
シールズならRA-14かHK5で突っ込むさ。
9mmサブは凄いよぉ。
敵の後ろを取って、60発打ち込んでも死なないもの。
逆に殺されちゃうもの。
でもそれが漢の武器といふものだと思います。

SOCOM2日誌これからよろしくお願いします。


===================================

奇跡


ブリザード(雪山)で私はシールズチームにいた。
スナイパーとして山に篭もり、はたまた前線に近い場所でスナイプ&ハンドガンで応戦していた。

激戦の末、味方が2人敵は3人と言う不利な状況となる。
爆弾は敵が持っていた。
その時は山小屋付近まで降りていた。
私は自陣に戻るべく回りを警戒しつつ戻る。

そこで正面の崖よりテロの一人を発見した。
ここは冷静に彼の背後を狙い仕留めることが出来た。
しかし彼は爆弾を持っていなかった。
急いで雪山を駆け上ろうとしたその時。
「爆弾が設置された」という冷たい女性の声が聞えた。

急がないと自陣が爆発され負けてしまう。
あと15秒と言う所で山小屋に着いた。
と同時に相手のスナイパーとかち合わせてしまった。
私はハンドガンで応戦。そのとき味方の援護があった。
敵スナイパーはそちらの方に気を取られ、味方の方に走って行った。
これはチャンスだ!
私は山小屋に入り爆弾を解除しようとした。
この時点で残り9秒。
中に入り、爆弾解除をしようとするが、なかなか解除アイコンが現れない。
というか焦っていたのだが。。。
やっと解除アイコンが表示され解除作業を行う。
この時点で残り7秒。

私は天に祈る気持ちで×ボタンを押しつづけた。
刻一刻と時間が無くなって行く。
そして残り1秒・・・


「爆弾が解除された。シールズチームの勝利」


我々は勝ったのだ。
敵を引き付けてくれた味方はあえなく敵スナイパーに倒されてしまったが、
彼が山小屋の扉を開けた瞬間に一発お見舞いした。

最後まで諦めないことの重要性を再認識したラウンドだった。
[PR]
by sonny_walker | 2004-08-31 10:20 | SOCOM