日常に関する日記です。


by sonny_walker
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31



今の現状に満足しているか?


今の現状に満足できなければ、自分から変えていく他改善はありえない。

現状に満足できていれば、変える必要はないだろう。

しかし、満足していても何か違和感を感じることはあるだろう。


今の現状に満足しているか?


修正をして戻せるのならそれでいい。

それが困難な場合は大きな軌道修正を加える必要がある。


今の現状に満足しているか?


現状に満足できなければ、この先も満足し得ないだろう。

何故なら未来とは現在の延長線上に存在しているからだ。



22年間住んだ函館に感じた違和感。

中学生の時のイヤな思い出を引きずっていたのかもしれない。

田舎で埋もれるのがイヤだったのかもしれない。


私は何を思い東京へ移ったのだろうか。

単に東京に憧れていたからか。

過去から逃げたかったからか。

飛翔を夢見ていたのか。


東京に住んでからの5年と6ヶ月。

初めは自分にとってのユートピアと感じた。

しかし、それは束の間。

年を追うごとに違和感を感じるようになった。

だんだん大きく。

そして、それがうねりとなって押し寄せた。

気付いたら小さな修正では効かなくなった。

その違和感とは?

東京でも嫌な思いではある。

だが、それが違和感を感じさせるのモノの本質ではない。

自分が本来いるべき場所がここには無いと感じたからか。

逃げるために戻るのか。

立ち向かうために戻るのか。

それとも、違和感を感じさせる本質を知るために戻るのか。


私は既に用意された安易な言語でしか表現をすることができない。

その安易さのもとにそれを敢えて言葉として表現する行為を

人は嘲笑しながら見るのかもしれない。

しかし、どのような言葉であれ表現をするということは

実は大切な行為ではないだろうか。

自分を顧みる行為こそ、自分が存在している証明であると言えよう。

例えそれが陳腐な言葉の羅列であっても、その価値を貶めることはないだろう。










私が地元に戻るこの行為は、周辺にどのような波を起こさせるものなのか。

波が波を呼ぶのか。

それとも、海岸に打ち上げられ消えていくものなのか。
[PR]
by sonny_walker | 2005-09-11 12:00 | 日常